自費出版とは

自費出版とは、一般の人が自分自身で出版物の製作料金全ての費用を負担して出版社へ依頼することです。著書だけでなく写真集やコミック、詩集等を作成できます。
ただ費用を負担すれば誰でも出版できますが、費用や出版するに当たっての注意などもあるので調べてから依頼するしましょう。

出版する時の注意

出版する時に注意しなければならないのが出版対象原稿内容です。
出版社は著作物が他の著作物からの複写等や他人を中傷するような内容、または法律に違反するような内容の場合は出版が差し止めになったり、著作権の侵害ということで慰謝料請求等のような責任を全て自費出版する者が負うことになるので注意しましょう。

出版にかかる費用

出版物の費用は印刷や製本だけではありません。
出版物の編集やデザイン、校正が入りますが、もし途中でミスが発見された場合は始めからやり直しになる上にやり直しの費用も全て自費出版者が負担しなければいけません。

依頼する場所

出版というと出版社だと思いますが、新聞社や編集プロダクション、印刷会社等にも依頼する事ができます。
会社によっても様々なので自分に合った会社を選ぶのも良い方法です。

自費出版のメリット

自費出版ってご存知ですか?自費出版のメリットは誰もが本を出版することができるというものです。
これまでは、商業出版が中心で、自費出版だとなかなか収益を得られないことから出版も引き受けてくれなかったものです。
しかし、現在では出版社も商業出版だけでなく、自費出版も引き受けてくれる会社が増えてきました。

本の内容や、程度などにこそ差がありますが、極端に言ってしまえば「お金があれ誰でも出版できる」時代になりました。
自費出版は、出版社や出したい本の種類などによって出版費用はまちまちです。
数十万から数百万とかなりの差があります。
金額的に安くはありませんが、数十万で夢だった自分の本が出版できるのなら、それほど高い金額でなないでしょうね。
自分の本を出版したい人にとっては、とても魅力的な方法が自費出版と言えるでしょう。

また、自費出版であるからこそ、好き内容のものが出版でくるというメリットもあります。
商業出版の場合は、編集者がその本が売れる内容なのかどうかをシビアに判断します。
出版社からお金をもらっているので、編集者や出版社の意向を聞き入れて本を書かなければいけないのです。
その点で、自費出版はこのような制限がありません。自分の好きなものを書くことができるのです。
また、商業出版と違って好きなときに書けるというメリットもありますね。

自費出版は、本を出版する事が夢の方以外にも起業家にとっても重要なアイテムになっているようです。
自分が書いた本が書店に並んでいるということで、取引相手などに大きな安心感を与えることができます。
また、宣伝効果もあり、顧客収得だけでなく業者との付き合いもスムーズにいくようになると言われています。
そのため起業家で自費出版する人は多いようです。


有限会社パルネットワーク
運転中に気を引く、道沿いの大きな看板のことならこちら。主な地域:愛知県豊橋市・豊川市。
http://pal-sign.com/