出版社選び

出版社選びは自費出版でなによりも大切なものです。
個人で本を出版するためには、自分の希望を極力叶えてくれる出版社を見つけることが大切です。
完成した後にトラブルが起きないようにするためにも、業者選びは焦らず慎重にしましょう。

それでは、どのような出版社を選べばいいのでしょうか?
その方法は、先ず第一に出版社の担当者としっかりと話すことが重要です。
大きな会社だから安心できるという考えは捨てた方がよいでしょう。
1社だけに相談するのではなく、必ず複数の出版社と話をしてから決めましょう。
また自分が気になる出版社があれば、インターネットなどを利用してその会社の情報をたくさん集めましょう。

次に担当者の対応にも注意が必要です。
質問にきちんと答えてくれる担当者がいる出版社を選ぶことが重要です。
本を書く上で、適切なアドバイスをしてくれるかと言う事も大切になってきます。
殆どの人が、本をはじめて出版すると思います。 出版社からのアドバイスは非常に大きな助けになるのです。
また、出版費を値下げしてくる会社もありますが。出版にはコストがかかりますので、極端に値下げをする会社は要注意と言えます。

出版社を選ぶ時に迷う原因の一つに各社が出しているサービスがあります。
出版社によって、費用やサービスもかなり差があります。
持ち込んだ原稿を校正してくれる会社もあれば、そのまま製本する会社もあります。
一生の記念に残る本だからこそ、満足のいくものに仕上げたいです。
本を出版するには色々な人の協力が不可欠です。自分の望みが極力かなえられる出版社を選びましょう。