自費出版の種類

ここでは自費出版の種類を紹介します。
大きくは共同出版と個人出版とに分けられますが、書く本の部数や内容によってさらに細かく分けられます。
金額が一番大きく異なるのは部数によるものです。

自費出版のなかで、一番リーズナブルなのは、記念に本を作る場合です。
自分のためだけに本を作るのであれば、本の部数も少なくて済むため費用が抑えられます。
人生の節目に自分史と言う形で本を出版する人も多くいるようです。
書店に並ばなくてもいいと思っている人は、少ない部数で作ってくれる出版社を探しましょう。
少ない会社だと最低10冊から作ってくれますが、最低50冊という制限がある会社が多いようです。自費出版の中ではかなり少なく、費用も30万程度しかかからないため気軽にできます。

これとは別に一番費用がかかるのが本格的な出版をすることです。
書店に自分の本を並べ、より多くの人に読んでもらいたいと考えている人はある程度の部数が必要となってきます。
書店に並べるためには出版社の協力が不可欠です。このため出版費もある程度高額になります。
費用は本の種類、カバーの種類などで異なってきますが、最低でも50万円はかかると思っておいた方がよいでしょう。
部数も書店に並べるためにはそれなりに部数が必要になってきます。
少なくても200部や300部からの費用設定になります。
個人負担であるため、予算によって部数はかなり左右されると思います。

自分が出したい本に合わせて、出版社を選ぶというのも大切です。